岐阜市の文化を伝える、つなぐ。|シビックプライドプレイス

まちにはたからものがいっぱいだ
01

まちの魅力を探しにいこう!(フォーラムのみ参加!)

※こちらはフォーラムのみに参加する方の申込フォームです。午後のまちあるきは定員に達したため募集を締め切りました。 フォーラム「まちの魅力を探しに行こう」 まちには、そこに暮らす人たちが積み重ね育んで来た魅力がたくさん眠っています。それらを探…

2021年7月4日(日)
10:00-11:30

02

シビックプライドライブラリー企画展示 「みんなで考えるわたしたちとメディコスのコレカラ」

 だれもがいつでも気軽に集える場所=サードプレイスであり、文化施設として親しまれてきたメディアコスモス。  開館6年目を迎えた2020年に岐阜の魅力と可能性を伝える方法を学ぶ【シビックプライド講座】と【シビックプライドトークセッション】を開…

2021年4月5日(月)〜

03

シビックプライドライブラリーに新着図書が入りました!

新しくシビックプライドライブラリーに入った本たちをご紹介します。 [1970年代からの日本をたどる]には、コロナ禍前後で「これまで」と「これから」で見方がどう変わったのかを、暮らしや体験を通して綴られた本を中心に選書しました。 [岐阜で…
04

おとなの夜学のブックレットに、新たな2冊が加わりました!

2015年にスタートした岐阜市立図書館の人気講座「みんなの図書館 おとなの夜学」。 過去に開催した中から選りすぐった回をブックレットとして販売していますが、5月1日(土)から新たに2冊が加わりました。 また販売に合わせて、今まで開催した…
05

第39夜「ギフチョウが教えてくれる、人類の足あと ~名和靖ギフチョウ発見の地から~」

おとなの夜学は、「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。 毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。 今回のテーマは「ギフチョウが教えてくれる、人類の足あと…

2021年3月25日(木)
19:00〜20:30

6月20日(日)をもって新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休館を終了し、6月21日(月)より開館いたします。
開館時間は9時〜21時となります。
なお、今後の状況によっては、感染防止対策が変更となる可能性があります。

岐阜市のシビックプライドの醸成を
情報面からサポートする。
それがメディアコスモスの新たな役割です。

メディアコスモスは地域に積み重なる歴史と、
シビックプライドに溢れた魅力あるひと・モノ・場所の情報を
新たな角度から拾い集めて発信する。
そんな生きた情報の入り口になることをめざします。

レポートEVENT REPORT

  • ALL POSTSすべて
  • civic-pride シビックプライド
  • otonanoyagaku おとなの夜学

civic pride

シビックプライドトーク「アートはひとをつなぐ」(Zoom開催のみ)

県内外の地域やコミュニティでアートプロジェクトを仕掛ける中島法晃氏をゲストに、岐阜市長とメディアコスモス総合プロデューサーとのクロストーク!前半は岐阜を活動拠点に活躍するアーティストが、それぞれの視点から自身のアートについて、そして岐阜でアートを盛り上げるためのアイデアを語ります。 【第一部】14:00ー15:00
ひと・暮らし・まち・アート
出演者:
福富 梢(文化屋)「文化のある暮らしの提案について」
新井 真允子(油彩・アクリル画家)「アートを鑑賞すると思考力が高まる?」
MADBLAST HIRO(ペインター)「パブリックアートによる街への貢献」
加藤 誉使子(画家・美術活動家)「元美術教諭がアートで仕掛ける街と未来」 【第二部】15:00ー16:00
保見アートプロジェクトから考えるまちとひと アーティストとの対話
出演者:
中島 法晃(美術家・岐阜女子大学文化創造学部講師)
柴橋 正直(岐阜市長)
吉成 信夫(ぎふメディアコスモス総合プロデューサー)

2021年6月12日
14:00-16:00

civic pride

シビックプライドライブラリー企画展示「ギフチョウのひみつ」

ギフチョウの発見者として名高い昆虫翁・名和靖さんが開設した名和昆虫博物館と、岐阜県郡上にルーツを持ち、細密画の絵本作家として、虫たちのリアルを描き続ける舘野鴻氏による、コラボレーション展示です。
自然界では大変見つけづらいギフチョウのサナギや鱗粉転写法による作品、絵本『ぎふちょう』の原画を特別に展示し、ギフチョウの世界に浸りながらも読書も楽しんでいただける展示です。
春が待ち遠しいこの時期に、本物の美しいギフチョウをぜひご覧ください! 主な展示品 ・ギフチョウの標本
・ギフチョウのサナギ
・鱗粉転写法を用いた蝶のデザイン画
・舘野鴻氏著作絵本『ぎふちょう』の原画  など 2020年7月にオープンした「シビックプライド ライブラリー」は、岐阜の地で楽しく豊かに暮らしていくためのヒントとなる本を集めた特集本棚です。
このスペースでは、講演や情報展示、ディスプレイ演出を行うなど、シビックプライドにフォーカスした知的空間への整備を進めています。 メイキング動画(解説付き) みんなの森 ぎふメディアコスモス公式チャンネル
『ギフチョウのひみつ』(メイキング・解説あり)シビックプライドライブラリー企画展示

2021年3月2日(火)~3月29日(月)

otonanoyagaku

第39夜「ギフチョウが教えてくれる、人類の足あと ~名和靖ギフチョウ発見の地から~」

おとなの夜学は、「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。
今回のテーマは「ギフチョウが教えてくれる、人類の足あと」 ゲスト 名和 哲夫(名和昆虫博物館5代目館長)
舘野 鴻(画家・絵本作家)

2021年3月25日(木)
19:00〜20:30

civic pride

シビックプライドトーク「アートはひとをつなぐ」(Zoom開催のみ)

県内外の地域やコミュニティでアートプロジェクトを仕掛ける中島法晃氏をゲストに、岐阜市長とメディアコスモス総合プロデューサーとのクロストーク!前半は岐阜を活動拠点に活躍するアーティストが、それぞれの視点から自身のアートについて、そして岐阜でアートを盛り上げるためのアイデアを語ります。 【第一部】14:00ー15:00
ひと・暮らし・まち・アート
出演者:
福富 梢(文化屋)「文化のある暮らしの提案について」
新井 真允子(油彩・アクリル画家)「アートを鑑賞すると思考力が高まる?」
MADBLAST HIRO(ペインター)「パブリックアートによる街への貢献」
加藤 誉使子(画家・美術活動家)「元美術教諭がアートで仕掛ける街と未来」 【第二部】15:00ー16:00
保見アートプロジェクトから考えるまちとひと アーティストとの対話
出演者:
中島 法晃(美術家・岐阜女子大学文化創造学部講師)
柴橋 正直(岐阜市長)
吉成 信夫(ぎふメディアコスモス総合プロデューサー)

2021年6月12日
14:00-16:00

civic pride

シビックプライドライブラリー企画展示「ギフチョウのひみつ」

ギフチョウの発見者として名高い昆虫翁・名和靖さんが開設した名和昆虫博物館と、岐阜県郡上にルーツを持ち、細密画の絵本作家として、虫たちのリアルを描き続ける舘野鴻氏による、コラボレーション展示です。
自然界では大変見つけづらいギフチョウのサナギや鱗粉転写法による作品、絵本『ぎふちょう』の原画を特別に展示し、ギフチョウの世界に浸りながらも読書も楽しんでいただける展示です。
春が待ち遠しいこの時期に、本物の美しいギフチョウをぜひご覧ください! 主な展示品 ・ギフチョウの標本
・ギフチョウのサナギ
・鱗粉転写法を用いた蝶のデザイン画
・舘野鴻氏著作絵本『ぎふちょう』の原画  など 2020年7月にオープンした「シビックプライド ライブラリー」は、岐阜の地で楽しく豊かに暮らしていくためのヒントとなる本を集めた特集本棚です。
このスペースでは、講演や情報展示、ディスプレイ演出を行うなど、シビックプライドにフォーカスした知的空間への整備を進めています。 メイキング動画(解説付き) みんなの森 ぎふメディアコスモス公式チャンネル
『ギフチョウのひみつ』(メイキング・解説あり)シビックプライドライブラリー企画展示

2021年3月2日(火)~3月29日(月)

civic pride

シビックプライドトークイベント「岐阜で実現するあたらしい暮らし」

約6年前に、東京から岐阜県美濃市へ生活の拠点を移し、編集者として活躍する傍ら、田畑を耕す生活を営む服部みれいさん。
自然と共に暮らす生活から自分らしい表現を追求し発信を続けています。
服部さんが移住をきっかけに得た新たな価値観や、新天地で生まれた新たな人間関係などから、「岐阜の地で豊かに暮らす」をテーマに話をうかがいます。
新しい時代に、やさしくて、あたたかい、ゆるやかなつながりをもちながら、安心して楽しく暮らすために何が必要で、何が必要でないのか、みなさんと一緒に考えます。 ゲスト
服部 みれい(文筆家、詩人)
聞き手
吉成 信夫(みんなの森 ぎふメディアコスモス総合プロデューサー)

2021年3月14日(日)
14:00〜15:30

otonanoyagaku

第39夜「ギフチョウが教えてくれる、人類の足あと ~名和靖ギフチョウ発見の地から~」

おとなの夜学は、「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。
今回のテーマは「ギフチョウが教えてくれる、人類の足あと」 ゲスト 名和 哲夫(名和昆虫博物館5代目館長)
舘野 鴻(画家・絵本作家)

2021年3月25日(木)
19:00〜20:30

otonanoyagaku

第38夜「奈良の大仏の仏師・日野金丸とは誰なのか? ~東大寺縁起・護国之寺縁起から探る~」

おとなの夜学は、「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。
今回のテーマは「岐阜市唯一の国宝『金銅獅子唐草文鉢』の伝説に迫る!」 ゲスト 廣瀬 良倫(護国之寺の次期住職)
小野 賢悟(木曽三川フォーラム会長 岐阜学会 副会長)  

2021年1月27日(水)

otonanoyagaku

第37夜「岐阜の町屋を守りたい! ~岐阜町の伝統家屋の魅力と活用法を探る~」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。 今回のテーマは「町屋建築を活かすアイディアや仕組みを考える」 ゲスト 門脇 和正(ELEPHANT design代表 長良川リバースケープLLP所属)
畑中 久美子(岐阜市立女子短期大学 准教授 博士(学術))

2020年11月26日(木)

MORE もっと見る

珍ちんなじんINTERVIEW

MORE もっと見る