レポート |3 |イベント|シビックプライドプレイス

event

レポートEVENT report

otonanoyagaku

第25夜「長良の川原に白キツネが舞う ~岐阜地芝居と傀儡子の中世近世考~」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。
今回のテーマは「長良の川原に白キツネが舞う」 ゲスト 小野崎 隆賢(鳳川伎連事務局長/岐阜伎芸学校事務局長)
小林 昌廣(情報科学芸術大学院教授)

2018年12月19日(水)

otonanoyagaku

第24夜「水道山と象鼻山から妄想する”はじめの王” ~卑弥呼のライバル狗奴国を濃尾平野に探す~」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。 今回のテーマは「歴史に想いを馳せて」 ゲスト 竹内 蘭(古代妄想家 瓢箪作家・瓢道位教士四段)
横田 宏(岐阜市教育委員会社会教育課)

2018年11月1日(木)

otonanoyagaku

第23夜「レトロピア岐阜に見る、岐阜”B面”観光の可能性 〜酷道の先に待つ世界〜」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の
第一人者”によるお話が繰り広げられます。 今回のテーマは「酷道の先に待つ世界」 ゲスト よごれん(TEAM酷道 主宰)
前畑 洋平(NPO法人J-heritage 代表)

2018年10月5日(金)

otonanoyagaku

第22夜「100年前の温泉開発に賭けた熱き漢の物語 ~金華山頂に湧き出た『金華鉱泉』の謎~」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。 今回のテーマは「金華山の裏のウラまで」 ゲスト 宮部 賢二:金華山だより 発行人

2018年9月20日(木)

otonanoyagaku

第21夜「タモリさんとブラブラ歩く ~信長が夢見た”平和の都”を巡るバーチャルまちあるき~」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。 今回のテーマは「ブラタモリ岐阜を再考」 ゲスト 富樫 幸一(岐阜大学地域科学部学部長)
高橋 方紀(岐阜市教育委員会社会教育課)

2018年8月22日(水)

otonanoyagaku

第20夜「幻の儀式『船かぶせ』を知ってますか? ~長良川に出航する新造船の物語~」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。 今回のテーマは「長良川に出航する新造船」 ゲスト 久津輪 雅(岐阜県立森林文化アカデミー 准教授)
平工 顕太郎(川漁師・鵜匠船頭)

2018年3月7日(水)

otonanoyagaku

第19夜「笑って学ぶ岐阜の落語 ~落語の祖安楽庵策伝のお噺会~」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。
今回のテーマは「笑って学ぶ岐阜の落語」 ゲスト 桂 鷹治(噺家)
土山 公仁(岐阜市歴史博物館学芸員)

2018年2月19日(月)

otonanoyagaku

第18夜「薔薇之壹株昆蟲世界 ~明治に花開く昆虫印刷文化!?~」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。 ゲスト 名和 哲夫(名和昆虫博物館5代目館長)
河野 俊一郎(西濃印刷株式会社代表取締役社長)

2018年1月17日(水)

otonanoyagaku

第17夜「幻の金華山焼きと、美濃古陶 ~陶片に魅入られたへうげもの~」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。 今回のテーマは「幻の金華山焼きと、美濃古陶」 ゲスト 交田 紳二(陶芸家)
英次郎(古美術蒐集家)

2017年12月21日

otonanoyagaku

第16夜「まちづくり、下から見るか、横から見るか ~『地理』と『景観』から岐阜市の誕生の謎に迫る~」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。 今回のテーマは「地理と景観から見る。岐阜のまちの成り立ち」 ゲスト 富樫 幸一(岐阜大学地域科学部教授)
出村 嘉史(岐阜大学工学部助教授)

2017年11月20日(月)

otonanoyagaku

第15夜「邂逅!イサム・ノグチと岐阜提灯 ~明日を照らすモダンデザインの系譜~」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。 今回のテーマは「イサム・ノグチと岐阜提灯」 ゲスト 古川 秀昭(画家/OKBギャラリー館長)
鷲見 栄児(デザイナー/Design Water代表)

2017年10月26日(木)

otonanoyagaku

第14夜「7時だよ!神仏習合! ~信長公とカミホトケ~」

おとなの夜学は、
「岐阜にいるのに知らなかった岐阜を知る」をコンセプトにした、おとなのための学びの時間。
毎回、岐阜の地域文化に精通した“その道の第一人者”によるお話が繰り広げられます。 ゲスト 松枝 秀晃(岐阜善光寺 住職)
浅野 将伯(手力雄神社 禰宜)

2017年9月19日(火)